読まれないブログのクリック率が上がる!ライティングのコツとは?

ブログで稼ぎたいと思っているけど、アフィリエイトがクリックされない。稼いでいるブロガーさんにあって自分のブログに足りないのは何だろう。

と、お悩みの方に書き方のコツをお伝えしたいと思います。稼ぐ文章に必要なのはまず、書いた記事を読んでもらうことです。そして読者に「スクロールして読ませる」こと。どんな文章も読んでもらわなければ意味がありません。さらに稼げる文章は読む先に行動してもらわなければいけません。

だからこそ、

 

見出しとキャッチコピーの違いを知って、使い分けることが必要です。

 

⚫️見出し:本文の要約 「あとに何が書いてあるか」を伝える、次に続く文章の内容を要約する文章です。

 

⚫️キャッチコピー:つかみの言葉 「おもしろいことや興味があることが書いてあるよ」と伝える、興味が湧いて次の文章へと誘導する文章です。

内容を整理して見やすくする見出し

内容を整理して見やすくするのが、機能的な役割を持つ「見出し」です。

解説や手順、説明書、カタログなどの文章で、誰にでもわかりやすく書くときに有効です。

 

例えば「カーシェア」を紹介する文章の場合、

 

1:カーシェアとは(概要説明)

 

2:カーシェアの特徴

 

3:カーシェアの利用法

 

4:カーシェアの会員登録

 

というような書き方

読み手に行動を促すキャッチコピー

解説や説明書とは違い、商品やサービスを買っていただくなどの読み手に行動を促すのが「キャッチコピー」です。

売りを目的にしたブログやランディングページなどの文章を書くときに有効です。

例えば「◯◯カーシェアをお勧めする理由とは」

 

1:車両数が充実、いつでもベンチに使える!

 

2:5つのおすすめポイントが嬉しい!

 

3:動画でしっかり説明!誰でも簡単に利用できる!

 

4:今なら初回割引サービスつき、ご登録はここから!

のような書き方

読者の心をひきつけて、必要な情報をただ要約するのではなく、その商品やサービスを使うことによって得られる未来を想像させて、次にスクロールしてもらえるようにストーリーで読ませる文章です。

SEO対策としては「見出し」が有効

見出しとキャッチコピーの違いは、何を狙ってどう読者に読んでいただくかということ。SEO的には「対策キーワード:読者がWebで検索する時に検索窓にいれる言葉」を恣意的に組み込める見出しの方が有効かもしれません。

(ただ最近のSEOは、私の肌感ですがGoogleの性能が上がっていてというかより人間的になった気がして、もっと深いところで判断されている感じがしています・・・)

先ほどの「見出し」の例を見てみると

「カーシェア」を紹介

 

1:カーシェアとは(概要説明)

 

2:カーシェアの特徴

 

3:カーシェアの利用法

 

4:カーシェアの会員登録

キーワードが「カーシェア」だとすると、その周辺の単語との組み合わせで無理なく文章を構成することができます。

読まれるページにするためのキャッチコピー

 

 

ある程度コンテンツが増えてきて離脱ページが高いなと感じたり滞在率が低いサイトにはキャッチコピーのライティングが必要になります。

要は訪れる人を惹きつけて読ませる文章を書く必要があるというわけです。

読者の心を一瞬で掴むコピー

 

 

読者が読み進みたくなるコピー

というようにストーリーを持った書き方が必要です。ストーリーといってもわかりにくいと思うので、

見出しが次に続く文章を要約するものだとしたら、キャッチは次にどんな文章が来るのかワクワクしたり、知りたい!と思わせる工夫が組み込まれているかということ。

貯金を増やすための習慣

と、見出し風に書くよりも

1年で300万円も夢じゃない!貯金を増やす劇的習慣はこちら!

というように書いた方が読む気になりますよね。キャッチコピー的書き方とはこうゆうことを指します。

ここに自分の体験価値や、あなただけしかしらない一時情報などを入れられるとブランディング視点でも強い書き方になります。

多くの企業のWebページ1枚の売りを目的に書かれたランディングページではキャッチコピーを巧みに使ったストーリーで読ませることで最終的に買っていただくことを目的にしたライティングがされています。

見出しをキャッチコピーに変えれば、さらに読まれる文章に!

 

発信するブログに集客したい!なら、無機質な見出しばかりが並んでいると、人は読む気をなくします。

そのページで紹介したいサービスや商品に合わせて、どう商品やサービスを魅力的に紹介して、最終的には「申し込む」「買う」といった読み手にとってもらいたい行動へと促すことが大切です。

そのためには、そこに書かれている文章を読んだ人が、何かしら書かれている情報からベネフィット=そのサービスや商品を使った時に幸せになる様子について語られていることが必要です。

その商品やサービスを手に入れたら、自分はどんなハッピーな状態になるのか、どんな問題を解決してくれるのかを具体的に書く必要があります。

例えば整体院さんの場合

有資格者が施術いたします

は見出し

20年もの痛みで悩んだ腰痛が、スッキリ解消した!と話題の有資格者が施術する整体院

と書くのがキャッチです。

まとめ

今回は、ブログで稼いでいる人が始めてるセールスライティング、その中でも見出しとキャッチコピーのちがいについてお伝えしました。情報を整理して読みやすくする「見出し」とベネフィットを提示する「キャッチコピー」。時と場合によってどちらが有効かを使い分けることによって、さらに読まれる文章に。ライティングを進めるとき、読者の立場になってどう書かれていると読まれやすいかな、と考えながら書くことを意識するといいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。