あなたの記事から物が売れ出す!セルフブランディング×マーケティング

こんにちはカツヤママです。企業ブランディングの経験をもとに、

個人にも活かせる「セルフブランディング」についてお伝えしています。

早速ですがあなたはASPの画面を眺めて、よさそうな商品を探してそれに合わせて記事を書いていませんか

・・これは紹介できそうだな、というものをチョイスしてますけど・・
それだと、たくさんあるアフィリ 記事に紛れてしまいます。というか、あなたのサイトから買わなくてもいいことになる

・・たしかに、あまり成果がなくて・・。

という方にこそ、役立つ記事になっています。

 

この記事でわかること

  • セルフブランディングとマーケティングの関係
  • アフィリ記事を作る際に気をつけたいこと

 

ぜひ最後までおつきあいください!ではいってみましょう!

セルフブランディングとマーケティングについて

 

まずはブランディング(ブランドを作ること)とマーケティングの関係をおさらいしましょう

✔︎ブランディング:「自分の強みやあるべき姿」を決め、自分で宣言すること

✔︎マーケティング:「自分の強みやあるべき姿」を、他の人にわかってもらうこと

・「何を伝えるか」がブランディング

 

・「どう伝えるか」がマーケティング

のように、とらえるとわかりやすいと思います。

 

このページでは用語をきちんと理解することが目的ではないのでこの辺で・・。

 

「ブランディング」というと、

とらえどころがなく、なんとなくかっこいい風。

よく理論を語ってかっこよさげにしてるけど、

その実(じつ)、なに言ってるの?ということも多いですよね。

こちらのページでは独自の解釈を加えながら

個人レベルで応用できる「ブランディング術」についてお話ししています。

 

というわけで、より具体的にお話しするために

今回は「ダイソン」事例から、

個人レベルで応用できるポイントを解説します。

セルフブランディングは、消費者想いから

 

広告の世界ではスペック語りとも言いますが、

商品がもつ機能そのものがすごかったり

他に競合商品がなかったりすると

商品の特長をド・ストレートに言うだけで

ものが売れる時代があったんです。

 

で、あなたも一度は聞いたことがあるであろう

 

「吸引力のかわらない、ただひとつの掃除機」

 

という謳い文句とともにダイソンは日本に堂々と上陸しました。あれ、実はもう20年前だそうです。

え、そんな前から!?
ブランディングと言えば、いまでもダイソンのこのフレーズが出てくるぐらい成功した事例です。これだけでもすごいですけど・・

最近のダイソンは、やっぱりすごい。

すごいというと??
時代に合わせて消費者へのメッセージの送り方を消費者を主語にカスタマイズしてきているんです。ってまあ当たり前なんですけど、これがまたわかりやすく。。

 

ダイソンが日本に上陸した当時

他に堂々と紙パックを使わない

サイクロン式の掃除機を売る

強い競合がいなかったので

商品力のすごさを堂々と言うことで

人を魅了しました。

 

けれど、

SNSで情報が飛び交うように

なった今の時代、

自分語り(機能性語り)していても

誰も振り向いてくれません。

 

個人の発信でも自分語りで終わるなっていいますよね
そうですね、ダイソンの事例からヒントになることが多いので、見ていきましょう✨

似たような商品が

でてきたり、多くの人がSNSで

情報を拡散するようになった今、

もっと自分の暮らしに

どう役立つのか?を知りたくなりますよね

 

吸引力がすごいのはわかったけど、


そんなにすごい吸引力、

私の暮らしに

必要かしら?

 

 

の部分が求められています。

 

そしてそこを理解していただいてこそ、

商品に興味を持っていただける。

ダイソンのコミュニケーションを

みるとよくわかります。

セルフブランディング×マーケティングのつながるストーリー

ダイソンの商品紹介をみると、

いまこんな風になっています。

 

花粉症って大変ですよね
花粉症が多い時期は、こうするのがいいですよ。

(一般的に花粉症にいいと言われることや、花粉症がおこるメカニズムについて詳しく説明)

ダイソンの掃除機は花粉症も吸うことができますよ

 

吸引力の変わらない掃除機としてのスペック語りを超えて

 

「ブランド力」を活かして、ターゲットのどんな悩みを解決できるか。

という点をベースに

読者さんが持つであろう「旬」の悩みに応える形で

商品紹介につなげています。

 

自分語りで終わってしまうブランドは、

いまや誰にも振り向いてもらえません。

 

ブランドは企業も個人も

自分の強みを活かして、

どんな価値を提供できるか、を

見ていただく人に約束することが必要です。

 

ダイソンのホームページを見てみると、

 

トップには社長のジェームズダイソン氏自らが写真で登場

「誰もが感じるように、きちんと機能しない製品に対して不満を感じます。デザインエンジニアとして、その不満を解決する方法に取り組みます。発明と改善がダイソンのすべてです。」

と語っています。

 

この思想が商品を売る

マーケティングにまで浸透しています。

 

これがまさにセルフブランディングと

マーケティングに一貫性を持たせるということ。

POINT!

生活者の不満を解決するために、

 

【何を強みに(=商品の他にはない機能性)】の部分は変えず、

 

【どう伝えて価値にするか(=どんな旬のお悩みを解決するか)】を進化させた!

  1. 他にはない性能をもつ掃除機でお客様の課題解決をするために
  2. こんなことでお悩みですよね?
  3. そのお悩みを解決することができますよ!

というストーリーを提案しています。

セルフブランディング×マーケティング、個人の発信で活かすポイント

私のブログに何か活かせるポイントはあるのかな?
と、気になるところだと思いますので、ここからは、ダイソンの事例から個人発信にも活かすポイントを見ていきます。

企業だからうまくいくのは当然だよね、で終わらせずに、自分で発信している人は自分の発信にどう活かせるか、の視点でみると日常の中に学べることは多いですよ

 

というわけで、

今回はアフィリエイト記事を

書く場合の構成に応用してみましょう

アフィリエイト記事って、なにが大切だと思いますか

・・ポチっとしてもらうこと?
そうですよね、クリックされなければ報酬にならないんです。そこで、あなたの記事からクリックしていただくために、その前提としてブランド力が必要なんです。ダイゾンの例で見ていきますね

 

手順1
まずは自分の発信軸を決める(何をテーマに発信するか:ダイソンの場合「吸引力の変わらない、ただひとつの掃除機」)
手順2
  旬の悩みはなにかを見つける(ダイソンの場合:花粉症の季節に、花粉に悩む人は多い)
手順3
②が①の中で紹介できそうか、検討する、旬の悩みが多い「ネタ」だからといって、自分の発信軸とかけはなれたものはNG。(ダイソンの場合:吸引力を誇る掃除機で花粉もケアできる)
手順3
お悩みによりそう形で文章を構成し、執筆

 

この順で執筆を進めると、

アフィリ商品に合わせて商品スペックを紹介するより、

あなたブランドを大切にしながら、

読者のお悩みに応える記事を作成することができます。

ぜひご自分の発信にとりいれてみてください。

 

さて今日は、

あなたの記事からモノが売れ出すようになるための

セルフブランディング×マーケティング術

についてお話しました。

 

ブランディングとマーケティングは

表裏一体の関係です。

個人の発信でもこれからは

ブランディング力がきっと必要です。

 

あなたのブランディングに

少しでもお役にたてれば幸いです。

 

この記事を書いた人

カツヤママ

広告会社に勤務しています。コピーライター出身、企業ブランディングを中心にお仕事をしています。ブログやTwitterではその経験をもとにセルフブランディングについて発信!小学生男児のママ。ワーママライフも随時配信。あなたの強みをブランド化して副業を成功させましょう。

 


セルフブランディングについてわからない方は

【SNSでセルフブランディング】必要な理由とやるべきこと5ステップ

合わせて読みたい記事

40代のブログ副業|テーマ設定なくして継続不能!手遅れになる前に キーワード選定からブログ構成、失敗しないコツ【40代初心者向け】

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。