アラフォーママがチャレンジした!英語コーチング、プレゼンスとは?

こんにちは、カツヤママです。40代子育て世代に役立つライフハックをお伝えしています。

今回は

英語コーチングスクール「プレゼンス」について

 

TOEICコース、英会話コースそれぞれ2ヶ月通ってみた感想をお伝えします。

結論、一言でいいます。

ドMかっ!!

そう、とにかくキツい。

けれど確実に「英語漬け」になり、

成果を実感することができます。

私はTOEIC600点コース、英会話中級コースを2ヶ月ずつ受講してみました。

 

通っている人は、緊急性を求める人が多いのが特徴です。

  •  職場で◯/◯までに、TOEIC◯◯◯点以上とらなきゃ昇進できない
  • ◯/◯までに海外出張が決まり、最低限の英会話力が必要になった
  • 転職や就活時のアピール材料にするために、TOEIC◯◯点以上を取得したい

など、目的意識が明確であればあるほど、プレゼンス向き。

 

そして、「英語」対して緊急性がない人も、いい意味で英語はもちろん

その他についての習慣化メソッドが身についておすすめです。

ここに通ってから英語とは関係ない部分でも

効率的に物事を進めるクセがつくようになりました。

 

この記事ではTOEIC600点コースに通った実感をお伝えします。

 

日本初の英語コーチングスクール【PRESENCE

【プレゼンス】は「コーチング」式という英語学習法

 

プレゼンスの各コースはクラス制になっています。

担当コーチがついて、クラス全員で語学力の向上を目指して取り組む。

 

クラスといってもちまたの英会話教室によくあるみんながそこの空間に集まって

座学を受けるという感じではありません、クラスでは主にテストと進捗確認が主になります。

 

駅前留学やよく聞く英会話学校とはまったく内容がちがいます。

私はベルリッツに通ったこともありますが、

プレゼンスでは効率的な「英語勉強法」を学ぶことができ、

目から鱗、英語学習がガラリと変わります。

 

キツイ分、確実に短期的に実力養成できると思いますが

中にはもちろんやり方が合わなかったのか、

挫折してしまったのか、姿を見せなくなる人もいました。

 

スクール紹介にも、

毎週のテストスコアと学習時間を板書し、週の中間で進捗の報告を全員へ送信できる適度なプレッシャーのもとお互いの工夫や体験を共有しながら自分にベストマッチする学習スタイルを見つけていきます。日本初の英語コーチングスクール【PRESENCE】

と書いてありますが、

 

英会話コースは多少穏やかな雰囲気を感じられましたが、

TOEICコースは適度どころではないプレッシャー💦

 

短期集中型でスコアを出したいと考える人には集中できる環境で

学生の頃のような緊張感をもって望むことができました。

日本初の英語コーチングスクール【PRESENCE

2つのコースから選択できる【プレゼンス】

私は20代の頃から英語そのものに興味はあったものの、

日常的に話さなきゃいけない境遇に陥ったことはなかったため、

プレゼンスに通うまでTOEICすら受けたことがありませんでした。

 

そんな状態にもかかわらず、

育休中に何かスキルアップできたらいいな、

そういえば「短期的に英語喋れるようにならないかな?」と考え、

短期間で集中的に学びたいと思ったんですね。

 

そこで外資系企業に勤務する夫に相談したところ、

プレゼンスがいいのでは?と勧められて、

無料カウンセリングにいってみたというわけです。

 

すると、

英会話ができるようになるには、基本的な文法力や構文を短期間で一気に身につけたほうがいい

ということで、早速無料カウンセリングを受けたところ、

TOEIC600点コースを受講のあと、

英会話初級コースを受けることを勧められました。

 

思い立ったが吉日と思い、情熱が冷めないうちにアドバイス通り

TOEIC600点コースから受講へ。

現在はオンラインで受講もできるようです。これは子育て世代には嬉しい!無料カウンセリングもオンラインで受けられますよ

無料オンラインカウンセリングは下記からどうぞ↓

日本初の英語コーチングスクール【PRESENCE

【プレゼンス】のカリキュラムは2ヶ月完結式

まず初回授業で、ちょっと引きます😆

 

最初に教えられるのは、英語の勉強法というより、

マインドセットといったところ。

 

とにかく目標設定が大切なこと、

結果を出すためにどんなスタンスで臨むのか、

1週間の英語勉強スケジュールを決めるなど、

今までの生活を見直して英語時間をいかに捻出できるか、

その心構えと対策などをコーチングされることから始まります。

 

最初はこれ、本当に必要?

 

と思いましたが、のちのち考えると、最初に英語勉強脳をつくることこそが、

結果に辿りつく近道なのだと成果を感じた後に実感できました。

 

(ちなみに授業内では、本名は使わず英語名をつけて、お互いその名前で呼びます。

 私はSARAでした。。ベタな日本顔で呼び名はSARA。。

 ここに関しては今でも必要だったか??と疑問。。。。💦)

授業では、英語を学ぶというよりも

「英語を効率的に学ぶ方法」を学び→家で実践→次週までに定着しているか確かめる場

でした。

 

教材は

指定された市販テキスト3〜4冊購入。

 

その他、プレゼンス作成の単語と構文がのったプリントが配られる。

1週間ごとに覚えてくるべき範囲が決められひたすら学習。

クラスメイトがいる中でテストを行いクラスメイトでお互い採点をします。

 

これが精神的に地味にしんどい。。

 

やっていかないと当然できないわけですから、ま、まずい、、となります。

市販テキストは2ヶ月で必要な箇所を全て

インプットするようにスケジューリング化します。

 

授業では授業内で行うテストスコアと次の週の学習時間を共有。

授業以外のところでは、週の中間で進捗の報告をクラス全員にメールで報告。

 

心理的にサボれない状況に陥ります。

 

勉強にあてる時間も週に最低でも10〜15時間を当てるように言われ、

そのスケジュールも見える化して提出します。

 

日本初の英語コーチングスクール【PRESENCE

効果をイヤでも実感できる【プレゼンス】

毎日少なくとも2時間の勉強を確保しなければ、

与えられた課題をクリアしていくことができません。

 

まさに地獄の日々・・

 

ですが、ある意味余計なことを考えずに

英語学習漬けになることができます。

 

TOEIC600点コースでは、

最初の1ヶ月で基本的な文法や単語のインプットをした後、

2ヶ月目にはTOEICの具体的な試験対策、

本番を考慮したペース配分やスピードについて

コーチングされました。

 

そして2ヶ月みっちり勉強したあと、TOEIC受験をしてみました。

人生初、40代にして初受験で獲得したスコアがこちら!

2ヶ月みっちり子持ちママが挑んだ結果としては、

まずまずだったと思います。

 

ただ、信じられないほど燃えつきました。TOEIC受験が終わったあとはしばらく単語すらみたくなかった。

 

日本初の英語コーチングスクール【PRESENCE

【プレゼンス】の副次的な効果とは?

その後英会話コースにも通いましたが、

TOEICコースのドMっぷりにすっかり慣れてた

私は英会話コースは少しラクに思えました。

 

英会話コースで同じクラスになった方の話によると、ライザップの英会話コースはコーチング式という意味でも似た形式だけれど、圧倒的にプレゼンスの方がコスパがよい、と。ライザップの場合、同じ2ヶ月でだいたい倍ほどのコストがかかるそうです。

 

私は青山本校への通塾コースだったので、

家族に協力してもらって、週一土曜の午前中に

プレゼンスに通う2ヶ月間は育児の息抜きにもなりました。

 

家では子供のお世話に家事など、なかなか集中できない

勉強を通学の往復で行うことでそれなりに充実してました。

 

でも今、通うなら確実にオンラインを選びます。

オンラインでも同じ内容が受けられるそうです。

 

ある時期、集中して英語を学んだことで、

今でも英語学習が習慣化することができています。

ちなみに現在でも定期的にTOEICを受けて700点台に!

 

海外ドラマなどは字幕を補助的に使えば、原語で見ることができますし

基本的なリスニングや会話ができることで、子供の勉強にもつきあえます。

 

これからは必要最低限の英語を学んでおくことは必須、短期的に英語力を高めたいとお考えの方はおすすめです!無料カウンセリングでまずは自分にあうかどうか、をお試しくださいね

ドM気質の方はぴったり!です😆

日本初の英語コーチングスクール【PRESENCE

関連する記事

【ワーママ実体験】子供に英語教育するなら、まずは親からで大正解!

 

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。