小3男子ギャングエイジとの日々!ああ言えば、こうゆう・・母は疲れているのだよ。

こんにちは、カツヤママです。

働くママで、一人っ子男児の子育て中です。

 

突然に申し訳ありませんが、

最近の私の悩みのタネは、ギャングエイジであるわが息子。

 

ギャングエイジ?

 

はい!プチ反抗期って呼ばれている時期で、

小3〜小4の時期に起こることが多いようです。

 

 

 

 

 

 

毎日ちょこちょこ、バトルってます💦

 

2、3歳のあの頃のかわいさはどこへやら?

グーグルフォトがリマインドで昔の写真を提示してくるたびに

涙が出そうになります笑。美しきかな遠き日々よ・・・

 

ということで、嘆いて愚痴ってばかりじゃ何も解決しないので

こんなこと悩んでいるよ、と、吐露させていただきまーすも。

 

というのもきっと、ギャングエイジにお困りのママって、

じつは多いのじゃないかしら?とも思うのです。

 

あまり有益な記事でなくて申し訳ありませんが、

今回はこんな現象がイライラしちゃうよね!が

何かのお役にたてたら幸いです。

 

この記事でわかること
ギャングエイジ男児の実態。以上!

ちなみにギャングエイジとは

文部科学省のHPによると

9歳以降の小学校高学年の時期には、幼児 期を離れ、物事をある程度対象化して認識することができるようになる。

対象との間に 距離をおいた分析ができるようになり、知的な活動においてもより分化した追求が可能 となる。

自分のことも客観的にとらえられるようになるが、一方、発達の個人差も顕著 になる(いわゆる「9歳の壁」 ) 。

身体も大きく成長し、自己肯定感を持ちはじめる時期 であるが、反面、発達の個人差も大きく見られることから、

自己に対する肯定的な意識 を持てず、劣等感を持ちやすくなる時期でもある。

文部科学省「子どもの発達段階ごとの特徴と重視すべき課題」より

とあります。

要は”かわいいだけじゃなくなって、口応えもして親の言うことを聞かなくなる”といったとこでしょうか。

では、いってみたいと思いまーす。箸休め程度にお付き合いください

あー言えばこうゆう人

小1から小3までに子供って驚くほど、語彙力がのびますよね。

読書ももちろんですけど、うちはYouTube様様なところも。。

どんな動画を見せるかも悩みどころですが、

うちの子の場合YouTubeで言語力が飛躍的に伸びました。

 

そして、語彙力がぐーーーーんと増えた結果、何が起こったか。

とにかくあー言えばこうゆう人、になりました。

母:「もう!なんでここに脱いだ靴下そのままにしてあんの?」

 

息子:「今やろうとしてた、うん確かに臭いよねー」

 

母:「ムキっ!」

ごはんの時、わざとおならをする息子。

 

母:「食事してるとき、おならなんかしたらだめ!」

 

息子:「うん、でも安心して、中身は出ていないから大丈夫」

 

母心の声:「・・・そうゆう問題じゃないんだよっ。ムキっ!」

とにかく一つのことに集中できない人

修学前小さな保育園で、少人数クラスに属していた頃は

どちらかと言えば引っ込み思案だった息子も、

男の子が活発に遊ぶ小学校に1年ほど通った時点で

保育園時代からは想像できないほどの、

典型的な落ち着きのない男の子に変貌・・・

 

その結果、

とにかく一つのことに集中できない人、になりました。

母:「宿題、5時までにはやっちゃいなよー」

 

息子:「わかってるー」

 

と言ってるそばからYouTubeを見ようとしている。

 

母:「ちょっとぉーーーっ!!」

静かに机に向かって本を読んでいると思って

 

テレワークをしていたら、

 

息子:「手を上げろ!さもないと打つぞ!」と

 

百均で買ったショットガンもって背後に。

 

母心の声:「撃ちたいのはマジでこっちです。zoomで会議してますからね!!💢」

裸族でいたい人

なぜ男子はハダカでいたがるのか

私には皆目検討もつきませんが

先日、真夏の晴れた日、コンビニの前で

無駄に上半身ハダカで歩いている日焼けしたオッサンを見て、

男子はいくつになってもハダカになりたいものなのか、

思いをはせる今日この頃です。

 

そして、私にこんな視点を与えてくれた息子も最近、

やたらと裸族でいたい人、になりました。

 

母:「何時だと思ってるの?早くお風呂はいりなさーい」

 

息子:「うーん、あとちょっとー」・・・・10分・・20分・・経過

 

母:「ちょっとーいい加減にしなさーい!」

 

息子:「はいはい」・・・洗ったか洗ってないかの高速入浴→部屋へ

 

見ると・・まっ裸、いつまでもまっ裸・・・そして、まっぱで寝落ち。

コヤジと赤ちゃんが同居する人

「ごはんはまだか」「俺を置いてどこへいくんだ?」など、

まさに昭和の頑固オヤジのような一面を見せたかと思えば

暗いところが苦手だったり、地震が起きたりすると、

ママーーー!!っと抱きついてきて

赤ちゃんのような一面も見せる。

まさにちっこいオヤジ=コヤジと赤ちゃんが同居する人。

 

遊園地にて大人仕様のジェットコースターに意気揚々と

 

母:「ママは乗れないから乗りたいなら一人でいって」

 

息子:「なんだよダメだな、このぐらい平気だろ、ここで待ってろよ!」

 

ギャーーーーーーーーーーーーーーーと一周してきたコースターの座席を見ると

 

うつむく息子、顔をあげると目いっぱいの涙

 

息子:「ウェーーーーーーーン!ママこわかったよーー、、もうやだよー」

 

母心の声:「待ってろよ!って言ってたね。。。ハハハ」

まとめ

書き出してみると、ギャングエイジと呼べるほど賢いエピソードがなく、

うちの男児は愛すべきおばかちゃんな気がしていました。

 

こうして少しずつ思春期に訪れる本格的な反抗期へと

親はならせされていくのでしょう。

 

その時が来る頃にはギャングエイジなんて悩みでもなんでもない、

と鼻で笑える肝っ玉母ちゃんになってたらよいですよね、

 

というわけで、ワーママライフを楽しみましょう

 

そしてブログは書くデトックス!おすすめですよ。

では、また。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。