子持ちだって年収アップできた!実録、40代ママ転職成功3ステップ

今の会社にい続けるのは、なんとなく不安・・、でも子持ちでアラフォーじゃ転職もできないんだろうなと思ったことはありませんか。

私は41歳になる年に、15年いた会社をやめて転職しました。今回は私の経験を元に子持ちママの転職についてお話します。

この記事では、育休、産休を取りながら、働き続けてきた正社員としてのママの転職についてお話します。というのも自身の経験から、長いブランクを空けることなく働き続けてきたママ目線の転職情報が少ないなと感じたからです。

結論から言います

転職成功の秘訣

優先順位を決めて、エージェントを上手に使うこと

それでは詳しくお話ししていきます。

40代子持ち転職ステップ1|子育て後のことを考える

fortymama-career

働くママ、というと、就学前の子供を持ったお母さんが「育休や産休、保育園や小1の壁など、子供がいる生活をどう乗り切るか」の目線で語られることが多いですが、子供が小さい時期はすぐに過ぎます。その間もママのキャリア人生は続きます。

私は当時働いていた会社で、

このままでいいの?、という不安がいつもありました。

 

というのも、私は当時広告制作の現場にいましたが、正直今までのノウハウやスキルで仕事できる環境でした。新しいチャレンジや取り組みは必要とされない。

子育て中の私にとって、現状のスキルで仕事がこなせるので、必要以上にがんばらなくてもいい。でも、このままダラダラ仕事を続けて歳を重ねていく人生でいいのかなと。さらに子育てに対しては「寛容」というか、時間の融通はきいても、自分の仕事に関しては休日出勤や自宅残業を駆使してこなしていました。


スキルを更新できずに、ただただ流れる作業をこなしている感。

 

子供を預けてあくせく誰のために働いているんだろう、とうっすら罪悪感すら感じていました。

今までのキャリアを活かして、新しいことにチャレンジ

・子持ちで転職なんて、無理だ。

 

・今しかない子育ても大切にしなきゃ。

 

・多くを望む自分は、わがままなの?

育休を1年待たずに終えて無我夢中で働いて2年が経過。忙しすぎたせいか、第二子を望んでいたものの恵まれずいろんな意味で焦っていました。

出産年齢のタイムリミットが近づいた第二子の不妊治療に、40代になった自分のキャリアについての今後。これらを考えるとどうしていいかわからなくなっていました。

すべてを完璧にしなきゃ、今考えるとそう思い込みすぎていたんです。

 

そんな時、前にいた会社でお世話になり、今では起業している先輩に会うことに。彼女はシングルマザーで何年か前に起業して小さな会社を経営しています。その先輩に、私のモヤモヤを話してみると、

 

「こうしなきゃいけないって、思いすぎてない?」

 

 

「子供は二人じゃなきゃて、誰が決めたの?40過ぎたら転職できないって、誰が決めたの?」

 

 

「もっと好きに生きたらいいよ、生死がかかってるわけじゃない。辞めたきゃ辞めればいいし。あとはそんなに子供好きだっけ?」

 

・・・・ギクッ、、確かに。。💦

 

 

「ママが気持ちよくしてないと、子供は幸せじゃないよ。子育て好きじゃないのに、みんなに合わせて二人目とかツラいだけじゃん。」

 

 

「仕事したいなら思いっきりすればいいよ。いま目の前にいる子と、精一杯向き合えばいい。その上で、何を一番優先すべきだと思う?」

 

 

・・確かにそうなんです。どれも私が決めつけた幻想。そしてガツンと真実を言ってくれた先輩に感謝。

彼女の言葉に私は背中を押されました。

本当に大切にやりたいことは何か、を考える

そんな当時を思い返して、おすすめしたいのが何を優先したいのか、頭の中を整理すること。

働くママは忙しいので、アレやコレや目の前にやることが多すぎて、思考停止で不安状態に陥ることもあるのではないでしょうか。

少し冷静になるために、以下の質問に答えてみてください。

  • 今の生活のどこが不安なのか
  • 改善できる余地はないのか
  • 問題が改善された未来はどんな形なのか
  • そのために今、自分でできることを全てやったのか

 

冷静になって、自分の心と向き合ってみる。自分が大切にしたいことは何か、何に時間を使っても疲れないか、そのためにとる行動は何か、が見えてきます。

その結果、必ずしも転職があなたにとって最良の手段であるとは限らないかもしれません。

 

40代の子持ち転職ステップ2|優先順位をはっきりさせる

ちなみに転職を考える子持ち女性の理由としては、下記のアンケートが参考になります。

Q.子供がいる状態で転職活動を始めた理由を教えてください(複数回答可)。

  • 1位. 子持ちで働きづらさを感じたため:80(25.9%)
  • 2位. 復職後やりがいを感じられなかった:51(16.5%)
  • 3位. 子持ちの状態でキャリアアップが見込めなかった:48(15.5%)
  • 4位. 通勤時間が長い:40(12.9%)
  • 5位. 時短勤務ができない・継続できない:26(8.4%)
  • 6位. 出産後も働きたかった(離職中など):9(3.5%)
  • 7位. 残業時間や休日のあり方が嫌だった:8(3.2%)
  • 8位. 正社員になるため:4(1.6%)
  • 9. 他の仕事もしてみたい:31.2%)

DODA転職理由ランキング』引用

私のようにキャリアアップを図りたい人も、少数派ではないことがわかります。

このアンケートからもわかるように、子持ちママの転職と言っても理由はそれぞれで、人によって何を求めるかも変わります。

採用側も優先順位がはっきりすれば、雇用のズレがない。

私は現在の会社で採用側の面接官を行うことがあります。子持ちのママさんを採用する場合に見たいのは、

子持ちかどうかが問題なのではなく、必要なスキルと職業人としてのマインドを持つ人かどうかです。

子育てを経験する中で得られるタイムマネージメント能力や忍耐力を見込んであえて、子持ち女性を欲しいと思う企業もあります。

 

だからこそ、「自分なりの優先順位をもち、限られた時間の中で持てるスキルを活かしどう会社に貢献できるか」を言葉にできる人は、面接をしていてもキラリと光るものがあります✨

時短や子持ちが問題なのではなく、公私の区別がつきにくい人は申し訳ありませんが、不採用にさせていただくことが多いです。

40代の子持ち転職ステップ3|転職エージェントに登録

fortymama-life

転職エージェントの利用は無料です。ネットから登録すると、担当のキャリアコンサルタントがつきます。

未経験の業界や仕事をいきなり紹介、なんてことはありませんが、自分では思ってもいなかったようなところや見方から自分の持てるスキルセットに見合った仕事を紹介してもらえます。

担当のキャリアコンサルタントの力量次第な気もします、担当が合わないと感じた時は、エージェント内で担当を変えてもらうのもありです。

転職成功のコツは、自分の強みを生かすこと。

転職の成功の秘訣は、なにより「自分の強みを活かすこと」だと思います。今現在自分のことをしっかり客観視できている人は別ですが、おそらく大半の人が「自分の強み」についてきちんと把握していないと思います。また、子育て中は特に、後ろめたさを感じて自分の力量を過少評価しがちなこともあります。

そこでもう一つおすすめしたいのが、いままでのキャリアについて見つめ直し最適化を計っていくキャリアコーチングの利用です。マンツーマンでスキルを見直してもらい、いきなり「転職」というリスキーなチャレンジをせずに、今の会社に所属しながら今後のキャリアを見据え「復業」活動ができます。

復業キャリアコーチングはこちら

ライフシフトラボ転職コース

40代の子持ち転職ステップ4:長期戦でのぞむ

エージェントや、キャリアコーチングを利用する1番のメリットは、自分一人では気づかないようなキャリアの活かし方に気付けること。ひとつの会社で働いていると「他の会社に行っても私は何もできない」「取り立てて目立つスキルを持っていない」と考える人がいます。ただ本当にそうでしょうか。それは自分を卑下してしまっているか、スキルを客観的にみることができていないだけ、かもしれません。

 

見方を変えれば、可能性は無限大

 

ただエージェントとの出会いも、会社との出会いもご縁があって初めて生まれるもの。今すぐにでも会社をやめたい!と思う気持ちが先行してしまうのもわかりますが、気長に構えることが大切です。

fortymama-tenshoku door

転職活動に焦りは禁物

若手の場合はすぐに決まることもありますが、アラフォーともなればそこは採用する側も、採用される側も慎重に望む必要があります。

 

これはある程度仕方ないことです。焦って結婚を決めてすぐに離婚しちゃうより、長い目でじっくりお相手選びをした方がうまくいくことも(←例えが微妙ですが💦)

 

時間がかかる分、あなたと馬が合う会社が見つかるはず!と前向きに悠然と構えることが必要です。

 

半年から1年以上かかることがむしろ普通のケースだと思います。以下に具体的なフローをご紹介します。

 

エージェント登録から、実際の会社面接まで具体的フロー

①エージェントに登録
エージェントはそれぞれに強い業界や会社がありますので、複数同時に登録することをおすすめします

 

②エージェントの担当者と面接
転職理由や希望職種、希望年収、職務経歴等のヒアリングがあります。
実際面接する会社とつないでくれる役目になります。特に構える必要はなく、ありのままの気持ちを伝えましょう。注:この人とは合わないな、と思ったら担当者のチェンジもできます。

 

③エージェントからの連絡を待ちます
エージェントのストックリスト企業の求人から、あなたのスキルと要望に合いそうな会社をエージェントが
見つけてくれます。半年から1年ぐらいのスパンでじっくり身構えるのがおすすめです。忘れた頃に連絡が来て条件が良い会社に巡り会うことも。

 

④登録内容の更新や精査をしましょう
エージェントからの連絡を待っている間も職務経歴書や履歴書を見直して更新できるところは更新すると、
より出会いの機会が増えることにつながります。わからないところは積極的にエージェントに質問することで、エージェントに気にかけてもらえる存在に。
エージェントも人ですから、この人を受からせたい!と思ってもらえることもエージェントを利用した転職活動の成功につながります。

 

⑤紹介先の会社と面接をします
エージェントから紹介先の会社の情報が入ります。書類だけではわからないこともありますので、
書類だけで判断せず、
少し気が進まないと思っても面接には行ってみましょう。

 

⑥エージェントを通して合否の連絡がきます✨

 

面接で大切なこと

・今までのスキルを使って、その会社にどう貢献できるか言語化する

 

・自分が譲れないポイントをきちんと伝えて(帰宅時間等)、年収交渉もハッキリ

 

・明るく前向きに語ること、子持ちを引け目に感じない

 

・聞かれるまで、子育てや自分の子の話はしない

まとめ

今回はアラフォー子持ちママさんのキャリアアップ転職についてお話ししました。今やママだってバリバリ働く時代。自分らしくキャリアアップさせるのは当然のことです。

「子持ちであること」は当人が思っている以上に子持ちでもハンデにはなりません、むしろ子育てが進んで、子供が手を離れるような年齢のママさんは

子育てで培った忍耐力や時間管理能力が買われて、現場ではそのチカラを必要ことも多いです。

転職活動をして、転職しないという選択肢ももちろんあります。まずは外に目を向けることで自分の市場価値を知る。

その上で動かなくてもいいと判断したなら、それも一つの道です。

この記事が少しでもお役に立てると幸いです。

 

この記事を書いた人

カツヤママ

広告会社に勤務しています。コピーライター出身、企業ブランディングを中心にお仕事をしています。ブログやTwitterではその経験をもとにセルフブランディングについて発信!小学生男児のママ。ワーママライフも随時配信。あなたの強みをブランド化して副業を成功させましょう。『「副業成功の近道!?あなたの経験とスキルを最大限に活かす【強みの言語化】とは?』noteにて公開中!

 

 

3 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。